ユーザーガイド

セキュアパーミッション

セキュアパーミッション ツールを 使用して、 コピー、印刷、編集などの特定の機能を制限します。 このツールを使用して、フォームフィールドの記入、ページの署名、作成、挿入、削除、回転、コメント付けなど、セキュリティ設定の変更や特定の機能へのアクセスからPDFを保護することもできます。

新しいセキュリティ設定を作成し、これらのアクセス許可を保護するために指定するパスワードを指定するアクセス許可を制限することができます。 この目的のため に、 Secure グループの Secure Permissions ボタンを 使用し ます 。

Secure Permissions ボタン をクリックする と、 Security Settings ダイアログボックスが表示されます。

[ 暗号化レベル] ドロップダウンコンボボックスを 使用して、 暗号化 されたシステムを設定します。

  • 40ビットRC4;
  • 128ビットRC4;
  • 128ビットAES;
  • 256ビットAES。

権限を制限し特定の機能をロック解除 するには、 [ セキュリティ設定を変更して特定の機能にアクセスするためにパスワードを要求する] チェックボックスをオンにします。 チェックボックスが選択されていない場合、 [ セキュリティの設定 ]ダイアログボックスの 他のフィールド は無効になります。

パスワードを入力します パスワードの テキストボックスと、それを確認 パスワードの確認] テキストボックス。

追加の権限を設定する場合は、次のフィールドに入力します。

1. 以下のリストを含む 印刷許可 ドロップダウンコンボボックス:

  • なし – 印刷は無効です。
  • 低解像度 – 低解像度で印刷が有効になります。
  • 高解像度 – 印刷が有効になっています。

2. 変更 は、次のリストを含むドロップダウンコンボボックスを 許可しました

  • なし;
  • ページの作成、挿入、削除、回転
  • フォームフィールドの記入と署名。
  • コメント、フォームフィールドへの記入、署名。
  • 抽出ページを除くすべて。

3. テキスト、画像、その他のコンテンツのコピーを有効にする 。 このフィールドは、 「視覚障がい者用のスクリーンリーダーデバイスのテキストアクセスを有効に する」チェックボックス を選択すると無効になり ます。

4. 視覚障害者用のスクリーンリーダーデバイスのテキストアクセスを有効にします

[ 適用 ]ボタンを クリックして ダイアログボックスを閉じ、指定されたパスワードでアクセス権を制限します。

このページの一番上へ